歯周病とは

歯周病は、細菌の感染によって起きる炎症性疾患です。
成人の80%は歯周病と言われています。
初期段階ではほとんど自覚症状がないので、自分が歯周病だと気付きにくい病気なのです。

歯周病セルフチェックをしてみましょう




歯周病はこのように進行します

なぜ歯周病になるのか

歯周病の主な原因は、歯垢(プラーク)に潜む細菌です。
歯の表面についたプラークは歯ブラシすることで、ある程度取り除くことは可能ですが、磨き残しやブラシが届かない歯と歯ぐきの隙間から徐々に蓄積されます。
蓄積されたプラーク中の細菌が出す毒素によって、歯ぐきに炎症がおきて歯周病になってしまうのです。

歯周病と全身疾患

近年の研究で、歯周病と様々な全身疾患には関連があることが分かってきました。