治療へのこだわり

患者さまの身体の健康を考えた治療

昔から歯科治療では「銀歯」という金属の詰め物、被せ物が使われてきました。
かみ合わせの力に耐えられる丈夫な素材として幅広く用いられてきましたが、近年はその問題点が指摘されています。
詰め物や被せ物の金属が経年的に少しずつ溶け出し、体内に取り込まれます。
徐々に蓄積した金属の成分が一定量を超えると、かゆみや湿疹などのアレルギー症状が生じることがあります。

非金属に変えることで、アレルギーを回避することができます。





 

痛みの少ない治療

治療をうけていいただく上で痛みを伴う事は患者さまにとっては非常にストレスになります。
当院では歯石除去に使う超音波チップ、麻酔時の針の太さや表面麻酔、むし歯を除去する際の振動など、

できるだけ痛みの出ないよう、機材や薬剤にもこだわっております。